矯正治療の基礎知識

矯正治療が必要な歯並び

矯正治療が必要な歯並び

神奈川県川崎市の「いしかわ矯正歯科」は、歯並びを改善する矯正治療を専門に行う歯科医院です。ここでは、歯並びが気になっていて矯正治療を検討している方へ、歯並びのタイプや悪い歯並びを放置すると起こりうる問題、矯正治療の目的など矯正治療の基礎知識をご説明します。

あなたの歯並びはどのタイプ

歯並びの乱れのことを「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。次の6つは代表的な不正咬合の種類です。

不正咬合の種類
上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ) 空隙歯列(くうげきしれつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ) 空隙歯列(くうげきしれつ)
いわゆる「出っ歯」と呼ばれている歯並びで、上の歯が下の歯よりも前に突き出して状態です。歯の生え方が原因の場合と、上下の顎のバランスが原因の場合があります。 上顎前突と反対で、下の歯の方が上の歯よりも飛び出している、いわゆる「受け口」と呼ばれている歯並びです。こちらも、歯の生え方や上下の顎のバランスなどに原因があると考えられます。 歯と歯の間に隙間が大きな歯並びです。一般的には「すきっ歯」と呼ばれています。顎と歯のサイズがアンバランスな場合に起こりやすい歯並びです。
叢生(そうせい) 開咬(かいこう) 過蓋咬合(かがいこうごう)
叢生(そうせい) 開咬(かいこう) 過蓋咬合(かがいこうごう)
空隙歯列と反対に、歯に対して顎が狭く、歯がデコボコに生えてしまっている歯並びです。「乱ぐい歯」や「八重歯」なども含まれます。 上下の歯を奥歯で咬み合わせたときに、上下の前歯が咬み合わず、隙間ができている状態の歯並びです。 歯を咬み合わせたとき、上の歯列が下の歯列を覆い隠してしまう状態の歯並びです。咬み合わせが深すぎることが原因です。

患者さんによって程度や症状はさまざまですが、気になる方はお気軽に当院までご相談ください。

不正咬合のデメリット

不正咬合を放置していると、見た目が悪くなるだけでなく機能的な問題が生じる場合もあります。不正咬合を放置することでどんなデメリットがあるのかをご紹介します。

虫歯・歯周病にかかりやすい 消化器系に負担がかかりやすい 口の中を傷つけやすい
ブラッシングしにくい歯並びの場合、ケアが行き届かず、虫歯や歯周病といったお口の病気を招きやすくなります。 食べ物がうまく噛めず、そのまま飲み込んでしまいがちに。消化器官に負担がかかり、便秘や胃痛などが起きやすくなります。 乱れた歯並びによって、口の中を傷つけやすくなってしまいます。出っ歯などは、転んだときに歯を折ってしまうリスクもあります。
発音が不明瞭になりやすい 顎関節症になりやすい コンプレックスになりやすい
歯と歯の間に隙間がある場合は、そこから息が漏れて、発音が不明瞭になってしまいます。 食事のために噛むとき、無意識に顎の片側で噛んでいたり、顎をずらして食べる癖があったりすると、顎関節症につながります。 歯並びの悪さがコンプレックスになり、人前で笑えなくなったり、ストレスに感じてしまう方もいます。

矯正の最大の目的は予防

矯正の最大の目的は予防

矯正治療では、歯並びを整えることでさまざまな効果が期待できます。特に注目されているのが、虫歯や歯周病の予防効果です。歯並びを整えることで、ブラッシングなどデンタルケアがしやすくなるため、虫歯や歯周病といったお口の病気の予防につながるのです。

自分自身の本来の歯は、生涯ずっと大切にしたいもの。いつまでも健康的に食事や会話を楽しむためには、歯の健康を維持することが重要です。見た目を改善することももちろん大切ですが、歯を守ること、病気の予防につながることも考えて、矯正治療を検討してみてはいかがでしょうか。

歯並びに関するマメ知識

歯並びに関するマメ知識

歯並びを乱す要因は、幼児期の指しゃぶりや頬杖、うつ伏せ寝、舌癖などさまざま。特に現代人の歯並びに関しては、「顎のサイズ」による影響が大きいと考えられています。人の歯の数は昔から変わらず、全部で28本(親知らず4本を含めると32本)ですが、現代人は柔らかいものを食べる傾向にあるため、顎の筋肉が発達しにくく、昔に比べると小さくなってきています。歯の本数は変わらないのに顎が狭まっているため、歯の生え方が乱れ、歯並びが乱れやすくなっているのです。

きれいな歯並びを手に入れるためにも、幼少期から硬いものでもしっかり咀嚼する習慣を身につけることが重要です。咀嚼する力を鍛えることで顎が発達し、歯並びがきれいに整うようになります。歯並びが気になる方は、柔らかいものばかり食べようとせず噛み応えのあるものを積極的に食事に取り入れることで、歯並びの改善効果が期待できます。

矯正治療のなぜ